トップページ > 相続・遺言 > 死後の手続き

死後の手続き

相続手続きの全体像

相続が発生したら確認すること

相続が発生したら、まず下記のことを確認してください。

  • ①遺言書は残されているか?
  • ②誰が相続人なのか
  • ③財産がどれだけあるのか?
  • ④相続税の申告は必要なのか?
  • ⑤財産をどのようにわけるのか

遺産分割協議

遺産分割協議とは、被相続人の財産をどのようにわけるかの話し合いのことをいいます。
遺産分割協議が成立する要件が2つあります。

  • ①相続人全員が参加する(一堂に会する必要はなく、メールや電話でのやりとりでも構いません)
  • ②全員一致

要件のどちらか一方を欠く遺産分割協議は無効となります。

遺産分割協議が完了したら、遺産分割協議書を作成しましょう。遺産分割協議書は話し合いの内容を書面にしたものです。後々、言った・言わないなど無用な争いを避けるためにも、遺産分割協議書を作成し、実印を押して保管をしておきましょう。

各種名義変更

・不動産の名義変更(提携の司法書士が行います)

相続が発生して不動産の名義変更が必要な場合、期限はありません。しかし、遺産分割協議で誰が相続するか決まったら、名義変更の登記も早めに手続することをおすすめします。

・金融機関の名義変更

銀行や証券会社の解約・名義変更手続きは時間がかかりますし、お勤めの方は仕事を休んで出向かなければなりません。当事務所では金融機関の手続きを代行させていただきます。

相続税の申告

相続税の申告期限は10ヶ月と決まっています。10ヶ月「も」ある、と思っていても、申告に必要な書類を揃えたり、財産をどのように決めるのかの話し合いをしていたらあっという間に時間が経ってしまいます。また、財産のわけかたによって相続税の額も変わってきますので、税を考慮したわけかたもご提案させていただきます。
※相続税に関することは提携の税理士が行います

相続した財産のその後

  • ・実家を相続したけど、自分も自宅を持っているため処分したい
  • ・相続した土地を活用したい
  • ・相続で受け取った金銭を子供に贈与したい、運用したい

など、相続した財産そその後どうするか、についてもお悩みの方が多数いらっしゃいます。
各分野の専門家とのネットワークがありますので、信頼できる専門家をご紹介させていただきます。

  • ブログ
  • お客様の声
  • よくあるご質問